電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

電話は自由に話せる反面、声に頼るしかないので相手のことを気遣い言葉を選びながら話すようにしましょう。

電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

電話は、基本的にいつ、どことでも誰とでも繋がるものです。一昔前の公衆電話が全盛期だった時代にはそこかしこにあった為、そこから自宅に掛けたり会社に掛けたりしたものですが、携帯電話が普及した今は個人から個人へ、または会社や店などに掛けれるようになりました。10円玉やテレホンカードの残高を気にすることなく、自由に好きなだけ話せるというのも昔では考えられないことでした。

しかし気を付けなければならないのは、電話は音声だけを伝える機器であるということです。いわゆるテレビ電話は確かにカメラ機能を使って自分や相手の表情や仕草を伝えることが出来ますが、極々一般的な電話では音声だけを頼りに用件を伝えることになるので、言葉を選びながらわかりやすく伝えなければなりません。

また、声だけで伝えるということは当然相手からの反応も声だけということになり、表情などが見えないということはどれだけ相手に伝わっているのかもわからないということになります。もしかしたら自分の思っていることの半分も伝わっていないかもしれないのです。それに、用件次第では感情的になることもあるでしょうから、相手を気遣うことも忘れてはいけません。お互いに声に頼るしかないのが電話というものなので、相手に対する配慮を忘れないようにしましょう。

最近の急上昇ワード電話、情報量が多いこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2016電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに.All rights reserved.